MEDICAL

メディカル情報

1.必読!~エントリーの前に。

スポーツは「自己責任」。自分自身をコントロールしましょう!

マラソンは心停止が起きる可能性のあるスポーツです。国内において1万人以上のマラソン大会では、残念ながら高い頻度で心停止が起きています。国内のフルマラソン大会(対象とした8大会)では5万人に1人の割合で心停止が起きているというデータもあります。
※自分には関係ない!と思うことが事故につながります。自分の身体と向き合って、賢く!元気に!ランニングを楽しみましょう。横浜マラソン2017は、大会に参加いただくランナーの皆様にとって、今後の健康的づくりに役立つ大会を目指します。
※我が国のマラソン大会における心停止の分析(2012年国士舘大学)

2.あなたの練習方法はどのタイプ?

「あまり練習ができそうもないけれど何とかなるかな。大丈夫。」!というタイプの方へ

練習した分だけ楽しむことができるのがマラソン。ぶっつけ本番ではとても危険です。はじめは歩くだけでも結構です。少しずつ身体を動かす習慣を身につけてください。歩くことから始め、週3回は身体を動かすことを目標に、練習を習慣にしましょう!

「私はずっと走っているから大丈夫!そんなの関係ない!」というタイプの方へ

心停止の症例は、実はよく練習しているこのようなタイプの方に起きていますこのエントリーをきっかけに、これから長くスポーツを楽しむために、一度ご自身の身体をチェックして、自分のもつリスクを知ってください。

どちらのタイプも一度メディカルチェックを受けましょう! どちらのタイプも一度メディカルチェックを受けましょう!

横浜市には、一般的な健康診断のほかに、ランニングに適した検査ができるところもあります。 横浜市には、一般的な健康診断のほかに、ランニングに適した検査ができるところもあります。

メディカルチェック

メディカルチェックについては、かかりつけ医またはお近くの医療機関等へお問い合わせください。
横浜市スポーツ医科学センター
日本医師会 各地の医師会
※横浜マラソン組織委員会事務局 救護部会

3.マラソンを走る前に、かかりつけ医に相談しましょう。

リスクファクターとは

リスクファクターとは

これらのうち該当するものが1つでもあれば、該当するものが無い方に比べ心停止のリスクは5倍です。
該当するものが3以上あると、高い確率で心停止の可能性があります。

こんな方も

こんな方も

特に以上のような症状がある方はメディカルチェックを受けましょう。

4.「横浜マラソン2017」救護所体制について

ランナーの安全を守る救護体制~総勢900名超の救護スタッフ体制

「横浜マラソン2017」救護所体制

沿道で皆様を見守るBLS隊はみんな一次救命講習を受講したボランティアさんです。
身体に異変を感じた時はすぐに声をかけてください。元気なランナーは笑顔をお願いします。

モバイルAED隊とは?

モバイルAED隊

自転車で移動をしながら、AEDと無線機を持ち、コース上を巡回するスタッフ。
「横浜マラソン」では、2人1組体制で実施しています。

救護所の目的

救護所では緊急の事態に対して命を守るための一時救命活動を優先します。治療はいたしません。
救護所で処置をした場合は失格となる場合があります。
マッサージ、消炎スプレー・湿布等のサービスはありません。必要な方はご自分で用意してください。

ランナーの命をまもる!

横浜マラソンは、国内のマラソン大会では随一の医療救護体制でランナーの安全をサポートしています。
その一つとして、ランナー急変時にBasic Life Support(BLS)を行うことができるBLS隊員をマラソンコース上に80m間隔で配備しています。一般ボランティアから構成されるBLS隊員は、事前に3時間の講習会を受講し、心肺蘇生や無線通信の方法を習得します。質の高い救護ボランティアと力を合わせて、全てのランナーの命をまもります。

TOPIC
  • エントリーはこちら
  • イベント情報はこちら
  • チャレンジきっぷ
SPONSOR
  • JXTGエネルギー株式会社(ENEOS)
  • 株式会社ローソン
  • 株式会社アマダホールディングス
  • 日産自動車株式会社
  • 株式会社横浜銀行
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 株式会社杉孝グループホールディングス
  • 株式会社京三製作所
  • リスト株式会社
  • 日清オイリオグループ株式会社
  • 株式会社ファンケル
  • 第一生命保険株式会社
  • カシオ計算機株式会社
  • 東急グループ
  • アクエリアス
  • 株式会社エクシオジャパン
  • キリンビール株式会社
  • 株式会社横浜岡田屋(モアーズ)
SUPPORTER
  • 東日本電信電話株式会社 神奈川事業部
  • 古川電池株式会社
  • 富士ゼロックス株式会社
  • 富士通株式会社 神奈川支社
  • 株式会社 ありあけ
  • スポーツショップ GALLERY・2
  • タカナシ乳業株式会社
  • 横浜油脂工業株式会社
  • ラブリークリーニング
  • フクダ電子株式会社
  • 株式会社城山
  • 株式会社野毛印刷社
  • プライムケア東京株式会社
  • フレッシュ・デルモンテ・ジャパン株式会社